ニキビケア 食べ物 悪い

ニキビケアに悪い食べ物をご紹介

ニキビケア,食べ物,悪い

 

ニキビケアに悪い食べ物と言っても、実際は「ニキビを悪化させる食べ物」というわけでなく、「ニキビを悪化させる環境を作りやすい食べ物」になります。

 

・油分の多い食べ物
スナック菓子や揚げ物、チョコレートなど。
油分を含む食べ物はそのまま皮脂となります。
その為、皮脂の分泌量が増え、ニキビの原因となりやすいです。

 

 

・糖分の多い食べ物
洋菓子、清涼飲料水、アルコールなど。
糖分を分解する為にビタミンB群やミネラルが大量に消費されます。
その為、皮脂の過剰分泌を抑制する働きが弱まり、皮脂が毛穴を塞いでニキビの原因となります。

 

 

・辛い食べ物
辛い食べ物は血行を促進し過ぎてしまい、ニキビの炎症を引き起こします。
刺激物なので、消化の際に胃に負担をかけてしまうのもニキビの原因になりやすいです。

 

 

・カフェイン
珈琲や紅茶など。
ビタミンB群の吸収を低下させてしまいます。

 

こういった物を多量摂取してしまうと、ニキビの原因となる環境を作りやすくなります。

 

ただ、むやみに我慢してしまうとストレスが溜まってニキビを引き起こす可能性もありますので、出来る範囲で我慢する程度が良いでしょう。

 

 

ニキビケアに良い食べ物を摂取しよう

 

ウナギ

 

ニキビケアに良い食べ物は「ビタミン」「ミネラル」「コラーゲン」の栄養素を含んでいる物になります。

 

どれも一般的にお肌に良いと言われる栄養素ですね。

 

・ビタミンA・・・レバー、しそ、にんじん、ほうれんそう、卵など
皮膚のターンオーバーを促進。肌のハリ、ツヤを整え、毛穴のつまりを防ぐ効果あり。

 

・ビタミンB2・・・卵、納豆、うなぎ、アーモンドなど
活性酸素を取り除き、皮膚の再生を助ける。

 

・ビタミンB6・・・まぐろ、にんにく、鶏肉、卵など
血行を促進する働きがあり、健康な肌を保つ効果あり。

 

・ビタミンC・・・ピーマン、アセロラ、レモン、ブロッコリーなど
活性酸素の働きを防ぎ、コラーゲンの生成を助ける。

 

・コラーゲン・・・手羽先、鶏の皮、豚肉、エビ、うなぎなど
新陳代謝を促進し、老廃物の排出を助ける。肌の弾力を保ちます。

 

・ミネラル・・・レバー、ひじき、カボチャ、プロセスチーズ、青のりなど
コラーゲンを作る為に必要な栄養素。新陳代謝を促し、活性酸素の働きを止める。

 

これらがニキビケアに効果のある食材になります。

 

沢山ありすぎて、どれから手をつけたら良いのか。。。という感じですよね(^_^;)

 

どんなに身体に良い物も食べ過ぎれば害になってしまう場合があります。

 

偏らずにバランスよく摂取する事が大事です。

 

その為、今日はこの食材を使って、明日はこの食材を使って。。。というように、毎日献立をたててバランス良く摂取して行けば、お肌だけでなく健康にも良い食生活がおくれるはずです。

 

ニキビケアの為に食べ物を改善したら

 

ニキビケアの為に食べ物を改善して、身体の内側からニキビ原因を除去したのになかなかニキビが治らないんだけど?
という方は、今行っているスキンケア方法が合ってない可能性があるかもしれません。

 

お肌が綺麗になる土台を作ったのに、お肌のお手入れ方法が合っていなければ、せっかくの食生活の改善が無意味な物になってしまいますよね。

 

身体の内側と同じく、お肌の表面も刺激を与えずに、ニキビに効果のある栄養分をたっぷりと与えてあげる事が必要です。

 

どの化粧品を使えば良いかお悩みの方は、女性ホルモンに働きかけるお肌に優しい基礎化粧品があります。

 

 

女性ホルモン化粧品ラミューテ

 

 

是非、参考にされてみてください。

 

身体の内側からニキビの出来にくいお肌を作り、今あるニキビを撃退して、ニキビ知らずの健康的な肌生活を送りましょう。